Archive for: 11月 2014

バンクーバー朝日

こんにちは営業4号です。

冬になったり、暖かくなったりと体調崩しやすい天気になっていますね。

クリスマスソングも流れてきて、年末の雰囲気になってきました。

皆さん年末の予定はもう立てたでしょうか。今年は土日も重なり9連休になるという方も多いのではないでしょうか。

 

営業4号も何をしようか色々と考えていますが、気になる映画があったのでご紹介したいなと思います。

今回は年末に映画化されるということで特集されていた本を紹介します。

その名も 「バンクーバー朝日」

51towhdK0ZL

営業4号と営業1号はバンクーバーへ行った事があり、しかもテーマは私の好きな野球。

内容も見ずに購入してしまいましたが、買って大正解でした。

 

皆さんは「バンクーバー朝日」というチームをご存知でしょうか?

カナダで1900年初頭から活躍した日系人のみのチームです。

2003年にはカナダ野球界の殿堂入りも果たしたそうです。

 

簡単な内容を紹介すると

日本では1800年後半から新天地を求めて海外各地へと移民として渡っていきました。

ブラジル、ハワイなどが有名ですが、カナダへもたくさんの日本人が希望をもち向かいました。

しかしながら日本人移民を快く思わない白人達による差別などにより

状況は苦しくなっていきます。そんな中、日本人だけで作った野球チームで白人達を倒そうと

「バンクーバー朝日」は作られていきます。

パワーとラフプレーで戦う白人達にかれらはどのように戦っていくのか。

 

どんなに差別をされても誇りを持ち、自分達らしく戦う強さ、

フェアプレー精神でチーム一丸となって戦う姿は読んでいて色々と考えさせられる作品でした。

野球が好きじゃない方にもお薦めしたいです。

 

本、漫画化もされ、12月20日には映画公開もされます。

poster2

映画はまだ公開されていませんので、年末に本を読んでから映画館に行って見てはどうでしょう。

 

 

 

 

 

 

RT-BOX補修

こんにちは。

島日記が終わり島の暖かさが少し懐かしくなってきました。対照的に本土は極寒になってきました。

 

島ではRT-BOXの補修工事を行っておりました。

RT-Boxというものをご存知ですか? もしかすると以前のブログや弊社のHPでご存知の方もいるかと思います。

遠くから見るとプレハブ小屋のようなものがポツンと山奥や島にあります。

rtbox1

この中にたくさんの設備がありますが、人が常にいるわけではないので定期的にメンテナンスが必要になります。

特に、島にあるBOXは潮風に常に当たっていますので錆びてしまう頻度が本土より高くなっています。

そこで弊社が、実際に現地調査、点検をしRT-BOXの塗装、内部の補修などが必要なのかを提起的に行っております。

 

IMG_6704

このように数年経過しただけで。このように錆が進行してしまっています。

IMG_6724

これを補修していきます。

IMG_7497

完成です。

IMG_6706

屋根もこのように塗装がはげてきてしまいます。

IMG_7480

このように仕上がりました。

 

島へ行った際、山奥に行った際にこのようなBOXを見つけてもけっして怪しいものではないのでご安心を。

小笠原諸島へ

こんにちは。営業4号です。

私は比較的近辺の島々へ行きましたが、別の作業班はさらに遠くの東京都へ行ってきました。

今色々と物騒な小笠原諸島です。

access

行き方は、以前紹介した竹芝より船のみの就航となっております。

時間にして約25時間。丸一日船の中にいることになります。

 

出発は2014年10月だと・・・毎週金曜日竹芝発土曜日父島着。父島出発は火曜日で竹芝到着は水曜日。   (月によって出発日が変わります。)

 

小笠原諸島というだけあり、大小様々な島があります。

この中で一般の方が住んでいるのが、父島、母島です。

他にも第二次世界大戦の激戦地となった硫黄島や南鳥島にも人が住んでいますが、一般の定住者はいません。

ですので、船も父島、母島へしか行く事ができません。(年に数回硫黄島付近へ行くツアーはあるそうです。)

 

船の中にはレストラン、シャワールームなどもあります。

船内の詳細はこちらから

 

船からはこのような絶景が

image

夕日を見たり、運がいいとイルカなども見ることができます。

image_3

船内にいる時は快晴でした

image_2

そして今話題の中国漁船も船に乗っている間こんなに近くから見る事が出来たそうです。

世界遺産にもなっている小笠原諸島ですので、無事にこの問題が解決されるといいのですが。。。

 

image_1

島では天気が悪かったようですが、虹を見る事ができました。

 

島の大自然は時間が無かったため見る事ができなかったようですが、(観光情報はこちらから)

日本だけど日本とは違った雰囲気を味わえ、船でのんびり海を眺めながら、大自然を満喫しに行って見てはどうでしょう。

 

 

 

紅葉

こんにちは

営業の2号です。

11月になりました。

今年も後1ヶ月半ですね。

 

11月といえば、紅葉の季節です。

私の出身地は福建省です。

福建省は亜熱帯気候で、冬でも寒くないので、紅葉はあまり感じていませんでした。

四季の移り変わりがはっきりしている日本に来てから、

毎年紅葉を見るのが楽しみにしています。

 

皆さん今年の紅葉はどこへ行きましたか。

私の勧めは高尾山です。

都心から最も近い自然のオアシスで毎年大人気の紅葉スポットです。

今年も行ってみたいと思います。

皆さん、ぜひ一度行ってみてください。

1

去年撮った高尾山の紅葉の写真です。

ハロウィン

皆様、こんにちは

営業2号です。

今日は青空が広がって気持ちいいお天気ですね。

 

先日、1年に1度のハロウィンがやってきましたね。昔、ハロウィンが行われている国は主に欧州の英語の国でしたが、近年、アジア諸国、特に日本と中国のハロウィンは徐々に浸透しているようです。

大規模パーティーやイベントなどが開かれ、みんなで仮装して盛り上がっていくことは何より大事ですね。

 

今年、私も友達と六本木ハロウィンパレートを見学してきました。よく見かけるのが今年の大人気映画でアナと雪の女王を仮装する子供がたくさん居ました。

やっぱりアナと雪の女王の仮装も人気ですね。とってもかわいかったです。

 

ちなみに中国ではハロウィンのことは「万圣节前夕」といいます。

あ

では、皆さんまた素敵な週末を過ごしてください。

三宅島

こんにちは。

無事島嶼巡りが終わり、戻ってきました営業4号です。

やはり寒さが厳しくなってきたのを実感しています。

最後に向かったのは三宅島。

以前は船のみで6~7時間かかっていましたが、今年の四月から飛行機が就航し45分程で気軽に行く事ができるようになりました。

ここは噴火が2000年にあり、その影響で近年まで島民は避難していましたが、現在は避難勧告も解除されています。

イベントも様々やっており、私たちが滞在している間もモトクロスイベントがありました。他にもマラソン大会なども開かれています。

image_3

残念ながら見る事はできませんでしたが、コースとなった山頂付近へは行く事が出来ました。

image_2

隣の御蔵島がはっきり見えます。三宅島からヘリで行く事ができます。

今回は行くことはありませんでしたが、御蔵島でも調査があります。

天気がいいとここから富士山も見えるそうです。

 

また至る所に火山の凄さが分かる建物などがありました。

image (2)

小学校跡地です。噴火の凄さを実感できます。

image_2 (2)

溶岩からできたメガネ岩。地震で片方が崩れてしまいましたがメガネの形に見えますか?

 

夏はダイビング、釣り、イルカウォッチングなどがこの辺りで見られるそうです。

機会があれば、自然の雄大さをぜひ見に行ってはいかがでしょうか?

 

以上、島巡り情報をお届けしました。

現在島嶼部では様々なイベントが行われています。

多摩×島 info

伊豆大島復興支援

こんな企画もしているので、この機会に島へ遊びに行ってはいかがでしょうか?

研修会

こんにちは

営業の2号です。

最近、朝晩はかなり冷え込んでいますね。

皆様は体調を崩されていませんか。

 

先週,三多摩ブロック研修会で山陰地方の鳥取県と島根県に行ってまいりました。

二日間でしたが、しっかり勉強もできましたし、懇親会で交流を深めることもできました。

今日は一番印象が強かった場所を紹介して行きたいと思います。

 

鳥取県といえば、まず鳥取砂丘を思い浮かぶ人が多いと思います。

鳥取砂丘は日本三大砂丘のひとつで南北2.4km、東西16kmに広がる日本最大の観光可能な砂丘です。

まさか日本に砂漠もあると思わなかったです。

 

研修に行く前に会社の同僚が鳥取砂丘はあまり大きくないと言っていましたので、あまり大きい砂丘を想像していなかったですが、実際に歩いてみたら、けっこう時間が掛かりました。

特に坂を上る時に足が痛かったです。でも頂上からの景色がすばらしかったです。

 

今回,三多摩ブロック研修会は初めて参加させていただきました。

いい経験ができました。

また、来年も参加したいと思います。

 

11

人がたくさんいたので、波紋より足跡が多いです。

八丈島へ

こんにちは

台風が直撃する中、無事八丈島から帰ってきました。

__

夕方はこんな景色が飛行機から見る事が出来ます。

八丈島は島嶼部の中で大規模な島ですので、信号、スーパーなど基本的なものは大体揃えられます。

また温泉の数も多く、

image_1

 

無料の温泉、海を眺められる露天風呂がある場所

image_2

 

海、絶壁が見られる足湯など様々な温泉があります。

この時期でも23度近くあり3連休にはダイビングをする方もたくさん来ていました。

image

そして島には電気自動車用のスタンドもありました。

島のガソリンは高いこと、環境に配慮しての設置なのでしょうか。

普及が進んで行くといいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

雨の日

こんにちは

営業部2号です。

 

雨続く日、今日はやっと晴れてよかったですね。

今週は仕事が急に忙しくなって出張や打ち合わせなどで出かけっぱなしでした。出かけるときは晴れてほしかったですが、ずっと雨でした。

今日は晴れですが、社内の事業作業です。

雨の日は家に居たいですね。子供の頃雨の日に家族皆と家にいることを思い出しました。

 

私が子供の頃に忙しかった両親は雨の日には唯一家族サービスデーで仕事に行かずに家に居ました。母はいつもその日に特別な美味しい料理を作って、家族でテープルを囲んで一緒にたべたり、ゲームをしたり、居心地が良い雰囲気で過ごしました。

 

今思い出しても幸せな気分、あの頃の味は一生忘れない、一生の思い出です。

 

皆さんは雨の日は何をしていましたか?

利島へ

こんにちは

まだまだ島巡りが続きます営業4号です。

大島の作業が無事終わり、私たちは次の目的地 利島へ向かいました。

 

利島への行き方は

船での方法と、大島からヘリで行く方法があります。。。が

船が止まる確率が非常に低いのです。ですので利島行きの船に乗ったはいいものの、

港へつくことが出来ず次の島へ、、、なんてことが多々あるそうです。

ですので、利島へ行く際は大島からヘリで行くことをお勧めいたします。

ヘリも中々乗ることがないと思いますので、簡単に紹介します。

image

大島の空港から利島へは10分ほどの短い旅ですが、天気がいいと島を一望、近くの島々も

見ることが出来ます(写真は撮ることができませんでしたが)

image

 

このようにヘリに乗ります

利島はなんと椿の生産量が日本一です。大島が有名ですのでこれには少し驚きました。

島一周は8kmくらいなので、歩いて周れてしまいます。。というよりタクシーやレンタカー

はありません。

民宿の方に迎えに来てもらい後は徒歩での移動となります。

島の中には様々な神社などがあり、自然もとても豊かで何もないを楽しめる場所ですね。

image

大島に来た際にはヘリの旅をして見てはどうでしょうか。

次回はどこの島へ