Tag: 大島

三宅島

こんにちは。

無事島嶼巡りが終わり、戻ってきました営業4号です。

やはり寒さが厳しくなってきたのを実感しています。

最後に向かったのは三宅島。

以前は船のみで6~7時間かかっていましたが、今年の四月から飛行機が就航し45分程で気軽に行く事ができるようになりました。

ここは噴火が2000年にあり、その影響で近年まで島民は避難していましたが、現在は避難勧告も解除されています。

イベントも様々やっており、私たちが滞在している間もモトクロスイベントがありました。他にもマラソン大会なども開かれています。

image_3

残念ながら見る事はできませんでしたが、コースとなった山頂付近へは行く事が出来ました。

image_2

隣の御蔵島がはっきり見えます。三宅島からヘリで行く事ができます。

今回は行くことはありませんでしたが、御蔵島でも調査があります。

天気がいいとここから富士山も見えるそうです。

 

また至る所に火山の凄さが分かる建物などがありました。

image (2)

小学校跡地です。噴火の凄さを実感できます。

image_2 (2)

溶岩からできたメガネ岩。地震で片方が崩れてしまいましたがメガネの形に見えますか?

 

夏はダイビング、釣り、イルカウォッチングなどがこの辺りで見られるそうです。

機会があれば、自然の雄大さをぜひ見に行ってはいかがでしょうか?

 

以上、島巡り情報をお届けしました。

現在島嶼部では様々なイベントが行われています。

多摩×島 info

伊豆大島復興支援

こんな企画もしているので、この機会に島へ遊びに行ってはいかがでしょうか?

大島 飛行機

こんばんは

大島で照明交換をしている営業4号です。

昨日は関西で木枯らし1号でしたが、こちら大島でも

風が強かったです。基本的には風が強く湿った空気が流れています。

今回は調布空港からの行き方を紹介します。

調布空港の場所は前回述べました。

中はこのようになっています。

image

 

今年から調布〜三宅島間も就航したみたいです

image

 

プロペラ機で定員は20名くらいでしょうか

image

凄く窮屈ですが、大島までは25分だけなのでご安心ください。

この日は風が強かったので大島付近は多少揺れましたが。。。

大島はこの時期でも暖かく(海には入れませんが)

昼ご飯を食べている時も島の人たちがどこから来たの?

島の良い所を紹介してくれたりと凄く暖かい雰囲気でした。

台風災害から26日で1年ですが、まだまだ災害の傷跡があります。

ただ都会とは違った暖かさを感じることが出来ました。

 

image

今日から魚三昧です

 

 

 

 

 

大島への行き方

おはようございます。営業4号です。

本日から大島/利島の旅をしてきます。

大島へはどう行くのか。
今回は島へ行く際に使用する船の乗り方を中心に書いていこうと思います。

大島町HPより
【航路】
東京・竹芝客船ターミナル~(1日2~3便/東海汽船) 高速船で1時間45分
東京~(夜発・1便/東海汽船)                     8時間

 

 

ちなみに竹芝はゆりかもめ竹芝駅もしくはJR浜松町から行く事が出来ます。
__ (1)
ここでチケットを購入(予約をした場合もここで予約番号を)

詳細はこちらで
東海汽船

他にも横浜からや熱海から行く船もあります。
ちなみに船の部屋は・・・

 

 

 

のんびり豪華客室で
largeship03_detail01

 

皆で一緒に雑魚寝部屋
largeship03_detail06

 

自らを追い込む旅にしたいのであれば椅子の旅を
image

他にも様々な部屋があります。

中にはシャワールーム、レストランもあるので、揺れなければ
快適に過ごせると思います。

 

 

 

出航するといきなり歓迎してくれるのが

image (2)

レインボーブリッジです。夜出発の場合はライトアップもされ真下も
通るのでとても綺麗です。

 

 

 

しばらく夜景を楽しむと次に待っているのが、、、
電波が繋がらなくなります。
電話、ネット関係とはしばしお別れです。

 

夜便であれば、寝ていると早朝に到着です。

 

 

そして飛行機は二種類
【空路】
東京・羽田空港~大島空港
(1日1便/全日空) 30分

調布飛行場~大島空港(1日3便/新中央航空) 35分
新中央航空株式会社

調布飛行場の位置

飛行機を使えばあっという間に大島へ着きますね。

時間があれば、船でのんびりとした旅をしてみてはいかがでしょう。

島嶼部について

こんにちは
なかなか今年の咳が治らない営業4号です。

今週から東京都島嶼部でのメンテナンス作業が始まり、ソーラー関係では宮城、茨城へと長期の遠征へと
工事部は大移動が続いております。

さて、島嶼部という中々聞きなれない言葉が出てきました。

島嶼部とは・・・大小様々な島の事。(Wikipediaより引用)

そして東京都島嶼部とは伊豆諸島・小笠原諸島を含めた島々が該当します。
(画面をクリックすると拡大表示されます。)
access
東京都大島町公式HPより

ここに載っている数字は各島までの時間です。船だったり、飛行機だったりヘリに乗ったりと色々な方法で島へ行く事が出来ます。
小笠原諸島へはなんと約25時間半もの船の旅。。。

皆さんはどれくらいご存知でしょうか?

営業4号は名前は知っていますがどうやって行くのか、何があるのか全く分かりませんでした。。。。。

そんな私ですが、来週から島嶼部へ行って参ります。

島の情報もたくさんこのブログで紹介していきますので、お楽しみに!